Sitemap

聖。ジョンズワートは、さまざまな病気の治療薬として何世紀にもわたって使用されてきた顕花植物です。また、うつ病や不安神経症の治療にも効果的であることが知られています。妊娠を防ぐために使用する人もいれば、経口避妊薬の代わりに使用する人もいます。

セントはどうですかジョンの麦汁は避妊薬として働いていますか?

セントの有効成分。ジョンの麦汁、ハイパーフォリンは、体内のエストロゲンの作用をブロックします。これは、排卵を防ぐか、精子が卵子を受精するのを止めることによって、妊娠のリスクを減らすのに役立ちます。ただし、このハーブは性感染症(STI)を予防しないことに注意することが重要です。

私は聖を取るべきですか。私が妊娠している場合、ジョンの麦汁?

妊娠中の女性への影響を具体的に調べた研究がないため、決定的な答えはありません。しかし、多くの専門家は、妊娠初期にこのハーブを使用することは有害ではなく、炎症を軽減し、母親と赤ちゃんの気分を改善するなどのいくつかの利点さえあるかもしれないと信じています。Stの使用を検討している場合。妊娠中のジョンの麦汁は、最初に医師に相談して、あなたと赤ちゃんにとって安全かどうかを確認してください。

それは何のために使われますか?

セントジョンズワートは、さまざまな病状を治療するために何世紀にもわたって使用されてきた植物です。また、避妊の自然な形として使用されることもあります。不安やうつ病を和らげるために使用する人もいれば、気分やエネルギーレベルを改善するために使用する人もいます。現在、特定の医療用途についてFDAによって承認されていませんが、さまざまな疾患や状態に対する潜在的な利点について研究が行われています。

聖です。うつ病の治療に効果的なジョンの麦汁?

セントの有効性に関する限られた研究があります。うつ病の治療におけるジョンの麦汁ですが、予備的な証拠はそれが役立つかもしれないことを示唆しています。しかし、聖。ジョンの麦汁は副作用(脳への血流の減少など)を引き起こす可能性があるため、医療提供者の監督下でのみ使用する必要があります。さらに、経口避妊薬を使用している人は、セントを服用する前に医師に相談する必要があります。2つの薬の間の相互作用の可能性があるので、ジョンの麦汁。

セントはどうですかジョンの麦汁の仕事?

聖。ジョンズワートは、さまざまな病状を治療するために何世紀にもわたって使用されてきた植物です。また、うつ病や不安神経症の治療にも使用されることがあります。聖。ジョンの麦汁は、脳の信号が送信される方法に影響を与えることによって機能します。これは気分を改善し、不安やうつ病の症状を軽減するのに役立ちます。強迫性障害(OCD)などの他の精神的健康状態の治療にも有効である可能性があるといういくつかの証拠があります。しかし、それがどのように機能するか、妊娠中または避妊中に使用しても安全かどうかを確認する前に、行う必要のある多くの研究がまだあります。

聖。ジョンの麦汁は避妊に影響を与える可能性があります。まず、聖。ジョンの麦汁は、ホルモンが体内で機能する方法を妨げる可能性があります。これは、排卵中(卵子が卵巣から​​放出される時間)に摂取した場合、血流の増加と出生率の増加につながる可能性があります。第二に、聖。ジョンの麦汁は、特定の種類の避妊薬や他の形態の避妊薬と、その有効性を変えたり、時間の経過とともに効果を低下させたりすることで相互作用する可能性があります。最後に、聖を取る。避妊を使用しているときのジョンの麦汁は、月経周期の変化(不規則な出血を含む)を引き起こす可能性があるため、望まない妊娠につながる可能性があります。

これまでのところ、これらの潜在的な影響のそれぞれがさまざまな人々や状況でどのように作用するかを確実に言うのに十分な証拠はありません。したがって、妊娠中または使用中にセントジョンズワートを使用することについて懸念がある場合は医師に相談することが重要です避妊法。」

セントジョンズワートはピルのようなホルモン避妊薬と相互作用し、血流を増加させて避妊薬の効果を徐々に低下させます。また、ホルモン活動を妨害し、排卵中の出生率を上昇させます。

セントを取ることの副作用は何ですか。ジョンの麦汁?

セントを取ることのいくつかの潜在的な副作用があります。気分や行動の変化、性機能の低下、避妊薬の効果への干渉など、ジョンの麦汁。このサプリメントを服用する前に、懸念事項について医師に相談することが重要です。さらに、特に妊娠中または授乳中の場合は、新しい薬やサプリメントを使用するときは常に注意を払うことが最善です。健康管理に変更を加える前に、必ず医療専門家に相談してください。

誰がこのハーブを服用してはいけませんか?

誰もが体の化学的性質が異なるため、この質問に対する明確な答えはありません。ただし、セントジョンズワートを服用してはいけない人には、妊娠中の女性や授乳中の人が含まれます。さらに、発作または他の深刻な病状の病歴のある人々は、これらの集団での既知の安全性プロファイルがないため、ハーブの服用を避ける必要があります。最後に、避妊法との潜在的な相互作用に関する情報は現在限られているため、何らかの形の避妊を使用している個人は、セントジョンズワートを服用する前に医療提供者に相談する必要があります。

聖はしますかジョンズワートは他の薬と相互作用しますか?

セント間の相互作用に関する限られた研究があります。ジョンズワートや他の薬ですが、一般的に一緒に服用しても安全です。ただし、他の薬やサプリメントを服用している場合は、必ず医師に相談してください。いくつかの潜在的な相互作用は次のとおりです。

-抗うつ薬:St。ジョンズワートは抗うつ薬と否定的に相互作用し、自殺念慮や行動などの副作用のリスクを高める可能性があります。抗うつ薬を服用している場合は、Stを使用しているかどうかについて医師に相談することが重要です。ジョンズワートはあなたにとって良い選択肢です。

-経口避妊薬:経口避妊薬のホルモンは、セントを含むいくつかのハーブやサプリメントと相互作用する可能性があります。ジョンズワート。これは、月経周期の変化や血栓のリスクの増加につながる可能性があります。現在経口避妊薬を使用していて、Stを使用する予定がある場合。ジョンズワート、治療を開始する前に、起こりうるリスクとベネフィットについて医師に相談することが重要です。

-血圧の薬:両方の薬を服用すると、血圧レベルが高すぎたり低すぎたりする可能性があり、関係する両方の個人にとって危険である可能性があります。サプリメントまたは薬物療法を開始する前に、医師と薬の使用計画について話し合うことが重要です。

8)妊娠中または授乳中の場合、このハーブを服用できますか?

Stを服用した場合の影響として、この質問に対する明確な答えはありません。妊娠中または授乳中のジョンの麦汁は不明です。一部の人々は、ハーブが発育中の胎児に有害である可能性があると信じていますが、他の人々は、そのような主張を裏付ける証拠はほとんどないと主張しています。妊娠中または授乳中の場合は、ハーブサプリメントを服用する前に医師に相談することをお勧めします。

すべてのカテゴリ: 健康