Sitemap

耳は頭の中で聞こえる構造です。外耳は、軟骨によって頭蓋骨に取り付けられている2つの耳、つまり耳介で構成されています。鼓膜は、音波が鼓膜に当たると振動する薄い膜です。この振動は中耳を通って内耳に伝わり、そこで電気信号に変換されます。これらの信号は脳に送られ、音として解釈されます。耳の3つの主要部分は次のとおりです。外耳道(EAC)は、鼻から外界につながる長いチューブです。耳管と呼ばれる3つの小さな穴があり、頭の内側と外側の空気圧を均等にするのに役立ちます。EACには、鼓膜からの振動を神経インパルスに変換する蝸牛(または蝸牛管)、これらのインパルスを脳に運ぶ聴覚神経、および開口部である丸い窓(耳鼻咽喉科)など、聴覚のためのいくつかの重要な構造もあります。内耳には、水と塩が内耳に出入りすることができます。鼓膜は、ドラムヘッド型の鼓膜(鼓膜とも呼ばれます)の上にある薄い膜です。ヘッドホンやスピーカーで音を聞くと、この膜を押し下げて聞こえやすくなります。鼓膜は、内耳内の3つのチャンバー(蝸牛(耳小骨)、あぶみ骨(耳小骨)、前庭(蝸牛水道管))すべてを囲みます。音波がこの膜状の皮膚に直接当たると、耳小骨を通って内耳の上部にある卵円窓に伝わる振動が発生し、機械的エネルギーを電気信号に変換できるようになります。

耳の部分は何ですか?

耳は、外耳、中耳、内耳を含む複雑な構造です。外耳は、耳介(上部)、耳介(下部)、およびそれらを分離する軟骨で構成されています。耳介には、槌骨(ハンマー)、砧骨(アンビル)、あぶみ骨(あぶみ骨)の3つの小さな骨があります。これらの骨は音波が当たると振動し、耳が鳴ります。中耳には、舌骨と方形骨の2つの耳小骨と呼ばれる小さな骨が含まれています。話したり歌ったりすると、これらの骨が一緒に動き、空気が内耳に流れ込みます。内耳は、蝸牛(トンネル聴覚器官)、前庭(音が外側から体に入る場所)、および半規管(頭の内側から脳に振動を送る)の3つのセクションで構成されています。各セクションには、音をはっきりと聞くのに役立つ独自のセルのセットがあります。

耳はどのように機能しますか?

耳は私たちが聞くのを助ける複雑な器官です。外耳は、耳介(または耳介)、外耳道、および鼓膜で構成されています。中耳には、音波を電気信号に変換する有毛細胞を含む蝸牛と、鼓膜を支える乳様突起が含まれています。内耳には3つのチャンバーがあります。音が入る前庭。卵形嚢と球形嚢、それらが処理される場所。そして最後に、蝸牛自体。これらのチャンバーは連携して、音波を私たちの耳が知覚できる振動に変換します。

耳に問題が発生した場合はどうなりますか?

耳に何か問題があると、多くの痛みや不快感を引き起こす可能性があります。場合によっては、問題は軽微であり、修正するために必要な手順はわずかです。ただし、その他の場合、問題はより深刻であり、専門家の支援が必要になる場合があります。

耳に影響を与える可能性のある4つの一般的な問題は次のとおりです。

通常、片方の耳は片方の悪い耳よりも優れています。片側からの聴力に問題がある場合、または耳鳴りが絶えない場合は、オーディオロジストに評価を依頼してください。問題の原因を特定し、一連のアクションを推奨するために必要なテストの種類を教えてくれます。

耳垢の蓄積も聴覚に問題を引き起こす可能性があります。これは、外耳道(鼓膜から内耳まで伸びる管)に油や汗がたまると発生します。この閉塞は、音の伝達を減らし、難聴につながる可能性があります。この問題を防ぐために、温水と石鹸またはマイルドなシャンプーを使用して定期的に耳をきれいにしてください。また、水泳やダイビングに行く前に、綿棒を使用してワックスの蓄積を取り除きます。これらの活動は、皮膚の油の生成を増やすことができます!

耳に関するもう1つの一般的な問題は、耳鳴り(TIN-nuh-tuhsと発音)です。この状態は、どちらの臓器にも目に見える損傷がないにもかかわらず、片方または両方の耳に持続的なリンギングまたはブーンという音がすることを特徴としています。ノイズは、特定の瞬間の重大度に応じて、1日中出入りする場合もあれば、無期限に続く場合もあります。耳鳴りには、大きな音(銃器など)への曝露、頭の外傷、中耳炎(中耳のウイルス感染)、メニエール病(バランス制御に影響を与える病気)、メニエール症候群(めまい、難聴、全身の耳鳴り)、メニエール病(頭蓋骨内に過度の圧力がかかるまれな状態)などの出生時の欠陥、化学薬品などの特定の薬治療には通常、回避などのライフスタイルの変化を通じて症状を管理することが含まれます大きな音や鎮静剤、および聴覚専門医によって処方された薬の服用。場合によっては、手術も必要になることがあります。

どのようにあなたの耳の世話をすることができますか?

耳のケアは耳を健康に保つために重要です。ここにあなたの耳の世話をするのを助けるためのいくつかの秘訣があります:

  1. 刺激の少ない石鹸と水で定期的に耳をきれいにしてください。柔らかい布で外耳をやさしく掃除してから、綿棒または指で外耳道の内側を掃除します。
  2. アルコール、ワックス、またはオイルを含む製品の使用は避けてください。これらは耳を乾燥させ、感染を引き起こす可能性があります。代わりに穏やかな保湿剤を使用してみてください。
  3. 耳に感染した場合は、頭を暖かく保ち、大きな音や低温にさらされないようにしてください。これらの状態はまたあなたの耳を傷つける可能性があります。
  4. どちらかの耳に痛みがある場合は、感染症や難聴などの根本的な病状の兆候である可能性があるため、すぐに医師に相談してください。

耳の感染症があると思われる場合はどうすればよいですか?

耳の感染症があると思われる場合、最初にすべきことは医師の診察を受けることです。耳の感染症は深刻な場合があり、治療しないと他の健康上の問題を引き起こす可能性があります。医師はあなたの耳を調べ、抗生物質や他の治療法を与えるかもしれません。耳の感染症がある場合は、大きな音、風邪、咳を避けてください。これらは症状を悪化させる可能性があります。耳の感染症がある場合は、水分をたっぷりと飲み、できるだけ休んでください。

難聴を防ぐために何かできることはありますか?

難聴を防ぐ最善の方法は個人とそのライフスタイルに依存するため、この質問に対する答えは1つではありません。

難聴はどのように治療されますか?

難聴を治療する方法はたくさんあります。一部の人々は彼らの聴力を修正するために手術を必要とするかもしれません。他の人は、補聴器または他のデバイスを使用して、よりよく聞こえるようにする必要がある場合があります。補聴器は電子式または音響式のいずれかです。電子補聴器は電池で動作しますが、音響補聴器は音波を使用して人々の聴力を向上させます。難聴のある人が読み上げることができるように、話し言葉をテキストに変換する音声テキスト変換デバイスもあります。難聴のある人の多くは、聴力を改善するために薬も服用しています。これは通常、補聴器または他のデバイスを使用して組み合わせて行われます。

耳鳴りの一般的な原因は何ですか?

耳鳴りの種類は何ですか?耳鳴りの治療法は何ですか?騒音性難聴とは何ですか?どうすればノイズへの露出を減らすことができますか?騒音性難聴を経験している可能性があるという警告の兆候は何ですか?耳鳴りは治りますか?もしそうなら、どのように?「耳鳴りは、実際には存在しないノイズが聞こえる状態です。ノイズは耳のどこからでも発生する可能性があり、強度もさまざまです。」耳鳴りの原因はたくさんありますが、ほとんどの場合、聴覚神経または脳の他の部分。一般的な原因は次のとおりです。脳卒中

頭部外傷

聴覚神経の腫瘍(内耳から脳に音の情報を運ぶ神経の束)

ウイルス感染(髄膜炎など)

慢性炎症(アレルギーや喘息など)軽度の症状しか見られない人もいれば、何年も続く重度の症状を経験する人もいます。さまざまな種類の耳鳴りには、次のようなものがあります。片方または両方の耳で鳴る音またはブーンという音

誰かがあなたの肩を繰り返し叩いているように聞こえます

耳鳴りのほとんどの人は、薬、治療、ライフスタイルの変更など、さまざまな治療を通じて最終的には安堵します。ただし、通常、耳鳴りを完全に治すことはできません。重度の症状が出ている場合は、治療の選択肢について医師に相談してください。「騒音性難聴は、時間の経過とともに大きな音に過度にさらされると、内耳の有毛細胞が損傷するときに発生します。これらの細胞は、音を頭蓋骨を通って脳に伝わる電気信号に変換するのに役立ちます。騒音性難聴は通常、定期的に大きな騒音にさらされる仕事をしている人(建設作業員など)に影響を及ぼします。「騒音性難聴を経験している可能性のある警告の兆候には、上記の音声の理解の難しさが含まれます。特定の音量レベル

大きな音に対する感度の向上

騒がしい環境のために眠りにくかった「耳の中のこの迷惑なリンギング/泣き言/ヒスノイズを取り除くことができないようです!何か私にできることはありますか?「はい。慢性的な耳鳴りに苦しんでいる場合は、できることがたくさんあります。いくつかのヒントには、過度に騒々しい環境を避け、代わりに低音量で音楽を聴くことが含まれます。

聴覚と聴覚に関連する状態の治療を専門とする聴覚学者または神経内科医に専門家の助けを求めています。何か私にできることはありますか?「はい。慢性的な耳鳴りに苦しんでいる場合は、できることがたくさんあります。いくつかのヒントには、聴覚や聴覚に関連する状態の治療を専門とする聴覚学者や神経科医に専門家の助けを求めることや、抗うつ薬などの薬を使用することが含まれます。抗ヒスタミン剤、または睡眠補助剤。」オメガ3脂肪酸サプリメント、リラクゼーションテクニック、ヨガ、瞑想などの自然療法も試すことができます。

耳鳴りはどのように治療できますか?

耳鳴りを治療する最良の方法は個人の症状や病歴によって異なるため、この質問に対する万能の答えはありません。ただし、耳鳴りの最も一般的な治療法には、騒音療法、処方薬、手術などがあります。

ノイズ療法は、耳鳴りに関連する音を低減または排除するのに役立ちます。このタイプの治療では、通常、不快感を引き起こすノイズの量を減らすために、ヘッドホンで心地よい音楽や音を聞く必要があります。耳鳴りの治療には処方薬も使用できます。これらの薬は、耳の痛みや炎症のレベルを下げることで機能し、症状を改善することがあります。他の治療法が成功しなかった場合、または他の治療法に反応しない重度の症状がある場合は、手術が必要になることがあります。補聴器、人工内耳、外耳道の一部を切除する手術など、耳鳴りの治療に利用できるさまざまな手術オプションがあります。

メニエール病を治療せずに放置するとどうなりますか?

メニエール病を治療せずに放置すると、難聴につながる可能性があります。未治療のメニエール病は、耳鳴り(耳鳴り)、めまい(回転性または旋回感)、およびバランスの低下を引き起こす可能性もあります。治療せずに放置すると、メニエール病は本格的な難聴にさえつながる可能性があります。

すべてのカテゴリ: 健康